名古屋のテコンドー道場ならグリードテコンドークラブ

指導者紹介


shidosha1 shidosha2 shidosha3


名前 安田 元保  (ヤスダ モトヤス)
愛知県テコンドー協会 理事・競技委員長
段位 国技院認定三段
主な戦績 大阪で19歳のときテコンドーをはじめる 2003年 全日本テコンドー学生選手権 2位 2004年 南関東テコンドー選手権大会 3位 2005年 第3回愛知県テコンドー選手権大会 1位 2005年 東日本テコンドー新人選手権大会 1位、最優秀賞 一度、テコンドーを辞める 2008年 全日本テコンドー選手権東日本地区大会 2位 2009年 全日本テコンドー選手権大会 出場 2009年 第7回愛知県テコンドー選手権大会 1位、最優秀賞 2010年 第1回デドージャパンカップ 1位、最優秀賞 2012年 第10回愛知県テコンドー選手権大会 1位 2013年 第11回愛知県テコンドー選手権大会 1位 2013年 全日本テコンドー選手権東日本地区大会 3位 2014年 第4回デドージャパンカップ 1位 2014年 全日本テコンドー選手権大会 出場
得意技 虎眼流 流れ星
趣味 マンガ、映画、DIY,仕事
ひとこと テコンドーは空手や柔道に比べて希少性が高く専門性も高いため指導者の数がとても少ないです。そして指導者一人が責任を持って見ることができる道場生の数にも限りがあります。一人一人に対してしっかり付き合っていくために大衆向けの形だけやるなあなあのファッション道場には絶対にしません。テコンドーには武道の厳しさがありますが何と言っても楽しいです。冬でも汗をかくことができます。勝ったり負けたり、泣いたり笑ったり、ワクワク、ドキドキがあります。その奥深さゆえ趣味でやっている人も選手でやっている人もいます。子供には礼儀や真剣勝負を通じて色んな力が身につきます。大人にはいいダイエットになって、ちょっとモテるようになるかもしれません。興味がある方はぜひご一報ください。



習い事を魅力的なものにする指導者とともに

名古屋市のグリードテコンドークラブには、入会当初は体力増進が目的だったのに、いつの間にか大会出場を目指し、さらには優勝を目指して肉体も精神力もたくましく成長していくお子さんが通っております。
体力アップの習い事だったつもりが、いつの間にか本気になるテコンドーの魅力を教えているのが、愛知県テコンドー協会選手強化委員を務め、数々のハイレベルな大会でも優勝や入賞を果たしてきた指導者です。
グリードテコンドークラブではお子さんから大人まで、世代も性別も超えて多くの方が学んでいます。習い事の1つとして楽しく体力づくりをする方や、趣味として楽しむ方、将来はオリンピック出場を夢見るお子様など、熱意ある指導者のもとで練習に励まれています。あなたもぜひ、参加してみませんか。