名古屋のテコンドー道場ならグリードテコンドークラブ

テコンドーの技


■アプトルリョチャギ・モントン(中段廻し蹴り)

自分の足の甲で相手の胴部を蹴ります。

蹴り脚のひざを腰の高さまで、まっすぐ前にかかえこみながら腰の切り返しとひざのスナップで的を蹴ります。
蹴った後は、もう一度ひざを折りたたんでから着地ましょう。

■アプトルリョチャギ・オルグル(上段廻し蹴り)

自分の足の甲で相手の頭部を蹴ります。

蹴り脚のひざを胸の高さまで、まっすぐ前にかかえこみながら腰の切り返しとひざのスナップで的を蹴ります。
これも同じく、蹴った後は、もう一度ひざを折りたたんでから着地ましょう。

■ネリョチャギ(踵落とし)

自分の足の裏または踵で相手の頭部、特に顔の前面を蹴ります。

蹴り足を一気に顔の高さまでまっすぐ上げて、腰を切り返しながら足を振り下ろします。
上から下へというよりは、上から前へ貫くように蹴りましょう。

■パンダルチャギ(外廻し蹴り)

自分の足の土踏まず(底足)で、相手の頭部を外から内へ蹴ります。

蹴り足を相手の体の外側を通って一気に顔の高さまで上げ、土踏まずで相手の顔をなぎ払うように蹴ります。主に接近戦で使われる技です。

■フリョチャギ(内廻し蹴り)

自分の足の外側(足刀)で、相手の頭部を内から外へ蹴ります。

蹴り脚のひざを対角の胸までかかえこみながら腰の切り返しとひざのスナップを使い、足刀で相手の顔を横に貫くように蹴ります。これも、主に接近戦で使われる技です。

■ヨプチャギ(横蹴り)

自分の足の外側(足刀)で、相手の胴部を後から前へ蹴ります。

腰を切り返しながら蹴り脚のひざを対角の腰までかかえこみ、ひざを一気に伸ばして足刀で相手のわき腹などを刺すように蹴ります。

■ヨプフリギ(横廻し蹴り)

自分の足の裏または踵で、相手の頭部を内から外へ蹴ります。

腰を切り返しながら蹴り脚のひざを対角の腰までかかえこみ、ひざを一気に伸ばして足刀で相手の側頭部を横になぎ払うように蹴ります。
■ティチャギ(後蹴り)

後を向いた状態で自分の足の裏または踵で、相手の胴部をまっすぐ蹴ります。

体を後ろ側に回転させながら蹴り脚のひざをお尻の下までかかえこみ、ひざを一気に伸ばして相手の胴部を刺すように蹴ります。

■ティフリギ(後廻し蹴り)

後を向いた状態で自分の足の裏または踵で、相手の頭部を蹴ります。

体を後ろ側に回転させながら上半身を前傾させ、蹴り脚のひざをお尻の下までかかえこみ、ひざを一気に伸ばして相手の側頭部を刈るように蹴ります。

■?????

自分のオーラを相手に発射します。

わき腹に構えた両手の平にオーラを集中させ、充分にオーラをためたら一気に相手に向けて放出します。