名古屋のテコンドー道場ならグリードテコンドークラブ

練習内容


初心者を対象とした基礎的な内容から、中・上級者のレベルアップまで、各個人の目的や実力に合わせた練習内容で実施しています。
毎回同じというわけではなく、色んな練習方法を実施していますが主な内容としては…

■ストレッチ
練習の最初は身体をほぐすためストレッチから始めます。とくに下半身のストレッチは入念に行います。


■ステップ(ウォーミングアップを兼ねて)
それから身体を温めるために、いきなり脚を上げたりせずに、まずは基本的なステップの反復練習をします。「ステップキョルギ」というフットワーク重視の技を当てずにする組み手をする場合もあります。


■基本蹴りorミット蹴り
整列して空蹴りをする基本蹴りや、二人ひと組でミット(擬似ターゲット)を使ったミット蹴りをしてフォームの修得を目的とする練習をします。技の形を身体で覚える練習です。


■技術練習
いくらフォームを修得しても、技の使い方を知らなければ実戦での技巧が発達することはありません。攻撃の仕方やカウンターの取り方などを反復します。状況に応じた技が自然に出せるように、最初はぎこちなくても日数をかけてじっくり練習します。


■キョルギ(実戦練習)
実戦で技が上手く当たらないことを身体能力や調子のせいにする人がいます。でも実際には技の選択ミスによるものがほとんどです。状況に即した行動を素早くとれるように実戦の中でその感覚を養います。
実践練習というのは相手を倒すのが目的の練習ではなく、今の自分よりちょとでも上手になるためのものです。



■フリータイム(自由練習)
練習後の時間です。普段はなかなか練習できない派手な技や自分の課題に自由に取り組む時間として各自が好きなように使える時間です。こういうところで個性が伸びます。


基礎からステップアップするから安心着実な名古屋市のテコンドークラブ

テコンドーは日本の空手にも似ていますが、足蹴りを主にした韓国の国技で、オリンピック種目にも採用されています。名古屋市にあるグリードテコンドークラブでは、初心者から上級者まで、それぞれのレベルに応じて基礎から応用まで、安心着実に学べる環境が整っています。
レベルを問わず、怪我がないよう練習はストレッチから始まり、体を十分に温めたあと、基本の蹴り練習からスタートします。本格的に競技参加を目指す方も、習い事として楽しみたい方も無理なく練習を始めて頂けます。
テコンドーに欠かせない技術を得る練習、実践練習さらに自由に楽しめる時間も設けております。名古屋市にあるグリードテコンドークラブでは男女問わず、世代も超えたたくさんの方が日々学ばれていますので、ぜひ一度見学にお越しください。