名古屋のテコンドー道場ならグリードテコンドークラブ

ブログ





北風一号とテコンドー







 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
グリードテコンドークラブ
http://www.greedtaekwondoclub.com/
TEL:090-9053-8664
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇




愛知県テコンドー 合同練習

10月1日(日)に行われた合同練習の様子。今回の内容は前回とガラリと変えて実施しました。各々、自分の課題を持ち帰ることが出来たでしょうか?
















 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
グリードテコンドークラブ
http://www.greedtaekwondoclub.com/
TEL:090-9053-8664
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇




テコンドーの試合

本日、滋賀県にて行われたリンクステコンドーフェスティバルの様子。








 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
グリードテコンドークラブ
http://www.greedtaekwondoclub.com/
TEL:090-9053-8664
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇




初めてのテコンドー

小さな、小さなテコンダー。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
グリードテコンドークラブ
http://www.greedtaekwondoclub.com/
TEL:090-9053-8664
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇




2017年、下半期

20101月。ウチの道場を立ち上げる少し前の頃。まずはオープン予定の場所で体験レッスンを開催することにしました。体験レッスンの3ヶ月ほど前から休日を返上して近所の町をコツコツと告知と外回り営業をしてやっと15名ほどの申込を取ることができました。

しかし当日に来たのはたったの4名。大半がドタキャンか無断ブッチ。仕方がないのでその4名で体験レッスンを実施して、入会したのはそのうち2名。

ということで2名からスタートしたグリードテコンドークラブ。

 

もしかしたらとんでもなく難しいことをやろうとしてるのではないかと不安に思っていました。

 

ただ、そのときから知っていたことがあります。人は…

  • ①人の集まるところに集まる
  • ②興味のあるところに集まる
  • ③明るいところに集まる

 

出来ることからやっていかないと。①と②はすぐにはどうにもならない。③からとりくみました。何人であろうと、とにかく明るい雰囲気で楽しく。

 

小学生の頃、教室の片隅で2、3人がこそこそと何かを楽しそうにやっている。机でコイン落としやマグネットの将棋を楽しそうにやっていたら、いつの間にか人がたくさん集まって

「俺も入れて」

というやつが出てきた。いつしかそれがクラス全体に広まっていった。

 

この最初に楽しそうにやってる感じ。これが大事だと。とにかく楽しくやることを心がけて道場稽古にとりくむうちに多いときで30人ほどの人が集まりました。

しかし、今はたったの10人。ほとんど辞めていきまいた。

 

なぜか?

楽しくなくなったんでしょう。でもこの楽しさってレベルによって変わるから難しいと感じています。

 

では楽しさっていったい何なんでしょう?

 

人によってとらえ方や感じ方は様々です。

 

ひとつずつ考えてみました。

 

 

 

 

 

習い始めの段階では何もかもが始めて。

 

初心者は今までやったことの無い体の動かし方を通じて色んな技を覚えることが楽しいと感じます。

 

中級者くらいになると、初心者の頃には教わらなかった新しい技を覚えたり、覚えた技を実践の中で使うようになり、それが上手くいくと楽しいと感じます。

 

ところが上級者になるころには新しく覚える技は無くなります。

その組合わせや戦術を学ぶことになります。

 

今まで楽しいと感じたことを卒業してしまってます。初心者から中級者までは教わることの中に楽しみがあったでしょう。しかし上級者としての楽しみはそんな受身の姿勢では見つけられません。

 

しかも自分が上級者になるころには練習相手も上級者。練習で身につけたことがそっくりそのまま通用しなくなってきます。ここで自分で一工夫できるかどうかです。

 

試合もそうです。

特に試合を楽しいと感じることが無くなり真剣勝負をすることや負けることを辛く感じるようになります。そしてその試合に繋がる練習をも辛く感じるようになります。

 

ここで楽しさを見失う人が多いのでは。

 

でも格闘技をやってる人間が「楽しくやる=勝負ごとをさける」というようになってはいけません。勝負から学んだことで自分を振り返り次に活かすべきだからです。

 

じゃあ、試合や練習を楽しみと思えるようにはどうしたらいいか。なぜ楽しめないか。

 

それは試合を特別扱いしているからです。

 

試合が本番で練習は準備という考えがあるからです。試合の申込を提出してから本番までの間そわそわして気が気でない。負けたらどうしよう、試合まであと何回練習できるかカウントしたり…。

 

大事なのは毎回の練習が本番だととらえることです。しかも本番なのにやり直しが効く、失敗してもそこから原因を見つけてその日のうちにつぶせる。どんな技と技の組み合わせが上手くハマりやすいか、自分がこう動いたら相手はどう動くか。

 

こういう目指して探して突き詰める姿勢があれば収穫も上がり、収穫が上がればそれを試す場が欲しくなってきます。普段これだけやってるのだから早くこの成果を出したいと。

 

普段の練習が本番で試合はあくまでイベント。

 

試合に出るだけで強くなるわけではないです。練習するから強くなるんです。

試合はそれを発揮するためだけの場です。強さを身につけるための場はやはり普段の練習にあります。だから練習が本番、試合はイベント。そこで勝ったり負けたりすることで今後の課題も浮き彫りになり、それをまた練習に持ち帰って突き詰める。上を目指して努力することは楽しいこと、目指すものがあるのは幸せなこと。楽しさを見失ってる上級者にはそこを分かって欲しいものです。

 

 

 

現在は立ち上げの時期とはちがい、初心者どうしの集まりではなくなってしまっています。上級者がどれだけ楽しんでやっているかが今後を盛り上げるカギとなるでしょう。

 

上を目指してるやつらがワイワイ練習してる様が周りに伝われば、また人が集まってくるでしょう。

 

下半期はそんな感じでいきたいと思います。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
グリードテコンドークラブ
http://greedtaekwondoclub.com/
Mail:greedtaekwondoclub@gmail.com
TEL:090-9053-8664
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

名古屋グリードテコンドークラブのブログはあまり更新しないので頻繁にチェックしてください

名古屋のグリードテコンドークラブでは、指導者によるブログ更新をしております。道場の練習の様子や道場生とのエピソードにはじまり、試合の様子や結果も逐一お知らせしております。

しかしながらこのブログの更新、ややさぼりぎみです。

毎日こつこつと積み重ねることがとても苦手な指導者が、道場生のご父兄様に試合や練習の写真を送りつけられ催促されながら書いております。

たまに急に大切なことを伝えたりもするので頻繁にチェックしておくことをおすすめします(笑)
ブログからテコンドーを通じて得られる日常では手に入らない経験、例えば試合で真剣勝負をする感性を養い勝利の喜び、負けた時の悔しさなどを感じ取っていただけましたら幸いです。もちろん試合に出なくても趣味としてとりくんでもらってもかまいません。
きちんと基本から始めればどなた様でも習得が可能です。お気軽に名古屋市のグリードテコンドークラブにお問い合わせください。