名古屋のテコンドー道場ならグリードテコンドークラブ

ブログ





子供に「教える」ということ

子供に何かを教えるということは、その子の成長の一過程を担うということです。しかも、日常的なことではなく彼らが好きなことに取り組んでいる大切な時間に関わるので、我々には常に教育的配慮が必要です。

 

◆そもそも子供とは…

  • 自己中心的…相手のことを考える能力が育っていない。
  • 失敗する…未来を予測する能力が育っていない。
  • 言うことを聞かない…人の意見を冷静に聞く能力が育っていない。

他人のことを思いやり、いつも先のことを考えて行動し、人の話を冷静に聞く。そんな子供は世の中にはいません。

それなのに大人が子供にキレそうになるのは、非現実的なことを求めているからです。元々の性質まではコントロールできないので上手くいかないことに苛立つ前に、まずは「こういうもんだ」と受けいれるべきです。

  • 相手のことを考える前に自己主張する能力が必要で、自己中なのは健全な証拠。
  • 失敗によって色んなことを学ぶ。
  • 自立心が表れているから。

 

◆叱る

かといって、そのままにしておくわけにはいかない場合もあるので、ときとして叱るのも必要です。

基本的には 「怒る」 よりも 「叱る」 で接するようにします。

  • 怒る…感情的で自分の都合ですること。信頼関係があれば時には怒ってもいい。
  • 叱る…冷静で相手のことを考えてすること。

ただし、相手も叱るだけでは慣れてくる場合があります。そのためには「ここまでは叱るところ、ここから先は怒るところ」というラインを決めておくと良いです。感情的にはなっていなくてもアクセントとして「怒る」を意図的に使うのは効果的ですし、たとえ本当に腹が立って怒ったとしても、自分が尊敬している人から怒られるのは有り難く感じるものです。

 

◆叱り方

子供には、普通に「叱っていいタイプ」 と 「叱るときに注意が必要なタイプ」がいます。

  • 「叱っていいタイプ」
  • 前向きで積極的、情緒が安定している。
  • おおらかで、のんびり。細かいことにこだわらない。

こういうタイプはガツン!と叱っても大丈夫ですが、

  • 「叱るときに注意が必要なタイプ」
  • 気が小さい。萎縮してしまう。
  • 意地っ張り。「どうせ…」 などと口答えをする。

こういうタイプはまず事情を聞いて受け入れます。それから諭すようにわかってもらう。何かを否定すべきときは

人格そのものを否定(全否定)するのではなくて、行動のみを否定(部分否定)するようにします。

さらに、人の心理として、長所を言ってくれる人からの批判は受け入れやすいものなので、

良いところ→悪いところ→良いところ というように、悪いところを良いところではさむサンドイッチ法で話せば

相手はより受け入れてくれます。

 

◆誉める

長所を見つけて誉めるのは簡単ですが、短所を伸ばすにはどうすればいい?

これも「誉めて伸ばす」です。まず長所を見つけて、わざと過大評価します。

その裏に、「もっとこうなってほしい」 という目標設定を組み込みます。

「○○でお前の右に出るやつはいないなぁ!」

「これなら××も、もっと良くなるはず」

また、相手を誉める場合はリラックスした状態より、まっすぐ立たせるなどして、あえて畏まった状態にすると調子に乗り過ぎないようにプレッシャーをかけることもできます。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
グリードテコンドークラブ
http://greedtaekwondoclub.com/
TEL:090-9053-8664
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇




名古屋市で人気の習い事を見つけるならグリードテコンドークラブへ

グリードテコンドークラブは、人気の習い事のひとつになっているテコンドーの道場です。名古屋市に道場があり、若手選手の育成はもちろんお子様の心身育成のため、また趣味として始めてみたいという成人の方も共に汗を流して練習に励んでおられます。もちろん、お一人ごとの体力やレベルに合わせた適切なカリキュラムをご用意いたします。

 

当クラブでは、小学生から中学生以上の大人の方とそれぞれクラスを設け、利用目的に応じて通っていただけるシステムになっております。また、カリキュラムの中には自由練習の時間も用意しており、課題に取り組んだり、派手な技の習得もして頂けます。そのため、習い事にもやりがいを感じていただけます。
また当クラブでは、実戦の場で臨機応変な判断力を身につけることも重要視しています。習い事としてのテコンドーを通して、判断・技術・体力を駆使することの楽しさを身につけてもらうのがグリードテコンドークラブのコンセプトです。名古屋市でテコンドーを始めるなら、まずは当クラブの無料体験をご利用ください。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
グリードテコンドークラブ
http://greedtaekwondoclub.com/
TEL:090-9053-8664
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇




テコンドーの型と実践

キョルギとプンセ

 

テコンドーを習い始めて間もないころ、プンセの練習をしているときに

「こんなもんやってテコンドーが上手になるのか?」

と思っていました。当時の自分にとってプンセとは昇級審査をパスするための道具でしかなくて、審査が終わった瞬間にどうでもよくなっていました。まるで中学や高校での定期テスト直後の数学の公式のように。

知ってのとおりテコンドーにはキョルギとプンセがあり、それぞれどんな特徴があるかというと…

 

 

  • キョルギは、自分の外側からの情報(敵の動き)を処理して素早く対応する能力を要するもの。コントロールするのは相手であり、スポーツで例えるならテニスやバレーボールがそうです。

 

 

  • プンセは、自分の内側からの情報(自分自身のバランスやフォーム)を処理して正確に表現する能力を要するもの。コントロールするのは自分であり、スポーツで例えるならフィギュアスケートや器械体操がそうです。

 

 

ということは、キョルギ(競技)とプンセ(演技)の両方があるテコンドーなどの武道は、フィギュアスケートのように正確に自分の身体を操作する感覚を養うと同時に、テニスのように様々な相手の動きに素早く対応できる強さを養うという二つの特徴を兼ね備えています。だから、やっぱりテコンドーにとってはどちらも必要です。

しかし! 格闘技である以上、本体はあくまでもキョルギ。強くなりたければ、キョルギの練習をたくさんしましょう。どれだけ美しい技でも人に勝つ方法で無ければ何の意味もありません。技は誇示するためではなく、実質的な人に勝つための方法として、学ぶべきです。

しかしながら、実践で必要な重心移動やガードのフォームを実践中に身につけるのは実は難しいです。なぜなら実践中は自分のことより相手に集中しないといけないからです。

プンセは武道に必要な感覚を養う動作が組み込まれたルーティーン。ひとつのプンセの中でも立ち方が急に変わる動作や、色々な位置の受け技などが含まれています。しかも昇級するにつれてだんだん複雑になります。こういうことを理解しながらプンセを練習すれば実践にもつながってきます。

もちろんプンセばかりやってキョルギが強くなることはありえませんので、たとえ昇級審査前でもキョルギの練習は絶対にやりますが、自分自身の武道的感覚を向上させるためにプンセも頑張ってとりくみましょう!

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
グリードテコンドークラブ
http://greedtaekwondoclub.com/
TEL:090-9053-8664
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇




テコンドーを辞めちゃう理由

テコンドーを辞めちゃう人の辞める理由として

 

痛いから、恐いから、しんどいから、上手くいかないから

 

と、これらの理由で挫折して辞める場合が99%です。

で、これが行き詰ったときの壁の正体です。

 

テコンドーは武道です。

武道ってことは人と闘うってことです。

人と闘うってことは、相手も必死になって自分を倒しにかかってくるってことです。

 

そうなると当然、痛い、恐い、しんどい、上手くいかない、ということになってきます。

 

これらとどう向き合い、どう対処してあわよくば相手に勝つかっちゅうことを技術の習得などを通じて心と体で学ぶのが武道稽古です。

 

言うなれば武道稽古は、痛さ、恐さ、しんどさ、上手くいかないもどかしさでできています。

 

もしこれらの要素をとり除いた、人と闘わなくていい、形だけなぞっていればいい、身体だけ動かしてればいいテコンドーを教えていたら今ちゃんと一生懸命に頑張ってる人たちが

 

「こんなところ通ってても意味ないわ」

 

と言って去ってしまうでしょう。

 

じゃあ、辞めずに続けられる人はなぜ続けられるのか?

 

自分ひとりじゃないからです。もちろん本人の根性があってのことですが、何とかなるのは一緒に練習していく仲間や支えてくれる先輩や先生がいるからですよ。

一人でどうにもならないときは自分より優れた人に助けてもらい自分の力に変える術を知ってるからです。だから何とかやっていけるんですよ。

 

そうやって続けていくうちに壁なんて知らない間に乗り越えているんです。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
グリードテコンドークラブ
http://greedtaekwondoclub.com/
TEL:090-9053-8664
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇




習い事を挫折して辞める人は

何かを身になるまで継続して自信につなげるのは人格形成をする上で大切な経験です。

 

何でも挫折してすぐ辞める人はダメな人なのか?

もし、そういう子供だったら将来はダメな大人になるのか?

 

答えは辞め方によって違ってきます。

 

自分に合わないと違和感を感じて辞める道を選択するのはある意味これも大切なことです。でもこの場合は真剣に考えた結果、辞めることによって代わりに何か得るものがあるかどうかを考える必要があります。

 

ところがちょっとした壁に行き詰まり、そこで諦めて壁の手前で引き返すことばかりを繰り返す人は、やはり将来的に危ないです。

 

こういう人は何をするにしても障害を乗り越えた経験が無いので、仕事にしても恋愛にしてもちょっと上手くいかなくなるとすぐに諦めて放棄してしまい次に進むことができなくなります。

 

あたりまえです。その方法しか習得してないのですから。

 

こういう人はそもそもなぜ壁が出てくるかも分かっていないです。壁にぶち当たるのは自分が前に進んでいるからです。壁から迫ってくることはありません。次に進むには壁をどうにかしないといけません。

 

こんな時でも前に進める人は続けられる人です。

100回たたけば壊れる壁だと分かっていれば誰でも100回たたきます。何回目で壊れるかが分からないから途中でイヤになってしまい辞めてしまうんです。

 

たたくことすらしない者も腐るほど見てきましたが。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
グリードテコンドークラブ
http://greedtaekwondoclub.com/
TEL:090-9053-8664
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

名古屋市グリードテコンドークラブのブログを読めば始めたくなる

名古屋市のグリードテコンドークラブでは、指導者によるブログを更新しております。道場の練習の様子や道場生とのエピソードにはじまり、試合の様子や結果も逐一お知らせしております。
テコンドーはお子様の習い事や、大人の趣味としても人気で、男女問わず、世代や国籍を超えて、たくさんの方が学んでいます。ブログからテコンドーの魅力や、試合に出場することの楽しさや勝利の喜び、負けた時の悔しさなどを感じ取っていただけましたら、あなたもきっと始めたくなるはずです。
テコンドーは韓国の国技でオリンピック種目にも選ばれています。基本から始めればどなた様でも習得が可能です。お気軽に名古屋市のグリードテコンドークラブにお問い合わせください。